FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい!すごい!!

夏に保護者の方からカブトムシのオスとメスをいただき、毎日子どもたちの視線をくぎづけ
「どこにいるんかな~」
「いな~い」 

そうですね、カブトムシの特性で昼には土の中でお昼寝しているものですから見えるところにはいないのですよね。
飼育ケースから出すと、じーっと見たり、触ったり…カブトムシが服にとまることも!
DSC05605.jpg

DSC05611_20160810125004699.jpg
カブトムシを飼っていることで、
カブトムシの触り方を考える子
他の虫に興味をもつ子
友だち同士で観察し合い教え合う子…
そして、虫にも大事な命があることを感じる経験となりました。



飼い始めて1ヶ月すぎると、土の中に新しい命が宿りました!
カブトムシの卵です!!
DSC04731_201609161904192e3.jpg


卵から10日~2週間すぎると、もう小さな幼虫に変化しており子どもも大人もびっくり
P9090001.jpg
すぐさま「かぶとむしマンション」を開設┏( ^o^)┛
まだ小さくて入居できなかった幼虫は、5つの飼育ケースですくすくと育っております(笑)


9月1日には、飼育ケースから出して子どもたちに見せました。
P9010041.jpg

P9010040.jpg
「ちいさいね」
「幼虫さん、やわらかい」
「体に点々があるよ」
「これ、いつカブトムシ(大人)になる?」
見たり、触ったりしながら、いろいろな発見や疑問をもっていたのですよ~






それから2週間たち、幼虫のフンも増えてきたので、土を替えていると・・・






うわっ!でっかーーい!!!

P9150092.jpg
本当に幼虫の成長にビックリです
すごいですよね~
土の中に帰してやると、幼虫は中へ中へと潜っていきます。
P9150120.jpg
そんな幼虫の様子を見て、


「土のなか、きもちいい?」


そう問いかけてる姿に思わずキュンときちゃいました




さあ、また2週間後はどうなっているでしょうか(*´꒳`*)楽しみですね!
そして、幼虫の里親もまだまだ募集中です!
お子さんと一緒に育ててみませんか?




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。